貧血 輸血 数値 基準

貧血で輸血が必要な数値の基準はどのくらい?/重症の時に必要な治療

スポンサーリンク

貧血の症状で病院を受診し状態を調べるために血液検査を行って、その結果があまりにも数値が低く危険な状態だと判断されると、輸血療法が行われます。
その場合に基準として用いられる項目、目安の数値のはどれぐらいなのでしょうか。

 

 

【検査結果の基準の数値】
全身の細胞に酸素を運ぶ血液中の大切な成分が減少することで貧血の諸症状が発症します。
酸素を運搬する役割をはたすのは血色素とも呼ばれる赤い色素成分ヘモグロビンです。
赤血球中に存在するヘモグロビンが減少するのにはいくつかの原因がありますが多くの場合、ヘモグロビンを作るのに必要な鉄の不足によって起こります。

 

 

貧血の検査は主に目安としてこのヘモグロビンが血液中に含まれる濃度を計って調べます。
単位のg/dLは1dLの血液中に何gのヘモグロビンが含まれているかを表しています。
ヘモグロビン濃度の基準数値は男性が14〜18g/dL、女性は12〜16g/dLです。
採取した血液中のヘモグロビン濃度を基準となる数値と比較して医師が判断します。
検査の結果がヘモグロビン濃度の基準数値よりも低い場合は貧血と診断。
高齢者は低い傾向があるので基準の数値は11g/dL以下とされます。

 

スポンサーリンク

【輸血療法が必要な数値の基準】
ヘモグロビンを作るために必要な栄養分である鉄分が不足して発症する鉄欠乏性貧血等の、出血を伴わない慢性貧血の場合にはヘモグロビン濃度の数値は7g/dLが基準となり、輸血療法の目安になります。

 

 

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がん、大腸がん、大腸ポリープ等の病気で胃や腸等の内壁から出血している慢性出血性貧血では全身状態が良好ならばヘモグロビン濃度6g/dL以下が輸血療法の目安です。

 

 

鉄欠乏、ビタミンB12欠乏、葉酸欠乏等の輸血療法以外の方法で治療可能な緊急性の低いものらば、ほとんどの場合において輸血療法は行われません。

 

 

緊急時でなければ行わなれない輸血療法が必要な場合というのは、かなり重症で危険な状態です。
そうならないためにも貧血の症状が発生してしまったら、早めに病院を受診しましょう。

スポンサーリンク