貧血 薬 副作用 便秘

貧血の薬の副作用で便秘が起こる原因/水分が関係しています

スポンサーリンク

貧血に処方される薬にはやはり副作用はあります。
貧血の薬による副作用は起こるといわれるわけですが、ただでさえ貧血の厳しい症状に加えて副作用まで出ると、どうしたら良いかわからなくなるでしょう。
では、どのような副作用が出るのか、その対処方法について紹介します。

 

 

【副作用と対処方法について】
貧血の薬の副作用は胃腸障害です。
吐き気や嘔吐、腹痛、胸焼け、便秘や下痢などが症状として挙げられます。
もしも服用のすることでこうした症状が出た場合には、服用のタイミングを変える、1日の摂取量を変える、薬を変更するといったことが対策として考えられるのです。
ただし、自己診断で行うのではなくて、必ず医師に相談することが必要になります。

 

 

【便秘になる理由】
なぜ便秘になってしまうのかということですが、貧血になると、血液の状態を悪化させないために水分を使うため、腸に水分が行かなくなるのです。
そのため、便が乾いた状態になって便秘になってしまうわけです。

 

スポンサーリンク

【薬服用時の注意点】
貧血の薬を飲むときには、副作用に注意することはもちろんですが、まず水か白湯で飲むことを心がける、それから鉄欠乏症でない場合は飲まないようにすること、それから組み合わせに気をつけることがとても大事です。

 

 

【食べ物を利用する】
便秘解消のためにも、鉄分やたんぱく質の多い食べ物を利用しましょう。
鉄分を摂ることによって、赤血球が作られますから、血液の状態が良くなり、便秘の解消が期待できます。
貧血の薬を飲まなくても良いですし、副作用に悩まされることもありません。
鉄分が多いレバーや青海苔、ひじきなど、たんぱく質の倍はしらすやいわし、牛肉、大豆などが身体にとってとても良いです。

 

 

便秘になるとつらいものですし、薬の副作用にも悩まされるのはしんどいものです。
しっかりと原因を知って、対策をとることはとても大事なのです。
貧血の薬を飲んで便秘や適度な運動を行うというのも時には良いものです。

スポンサーリンク