貧血 動悸 対処

貧血で「動悸」が激しくなる原因/対処方法まとめ

スポンサーリンク

貧血で少し動いたら動悸がするということで悩んでいることはないでしょうか。
貧血で少し動いただけで動悸がするというのはやはりつらいものだと思われます。
では、そうなったときにはどのように対処すればよいのでしょう。

 

 

【貧血で動悸が激しくなるのはなぜか】
なぜこのようになるのかは、酸素が不足してしまうためです。
酸素は血液を利用して全身を巡るわけですが、貧血になると血液の流れが十分でないため、酸素の流れも悪くなってしまうのです。
そのため、心臓の動きがその分早くなって、動悸がひどくなってしまうわけです。

 

 

【貧血で動悸が起こった際の対処方法】
貧血によって動悸が激しくなった場合は、その状態を抑える必要があります。
その方法としては、まず身体をあまり動かさないようにすることです。

 

酸素をあまり使わないようにするためにも、身体を横にして安静にしているのが一番だと思われます。
動悸が激しくなった状態で無理に身体を動かすことは危険です。

 

スポンサーリンク

【色々な対処方法を知る】
身体をあまり動かさないようにする以外にも対処方法は色々とあります。

 

たとえば、ベルトを緩めることによって、全身に酸素を送り届けやすくするというものもありますし、動機が激しくなったときでも、心を落ち着けることによって、症状を緩和させることも可能です。
それから、深呼吸をすることは酸素を体内に大量に取り入れることが出来ます。

 

また、水を飲むことによって、血液の流れを良く出来ると同時に心を落ち着かせることも出来ます。

 

 

【どうしようもない場合】
もしも貧血が原因で、こうした手段で動悸が治まらない場合は、最大の対処として迷うことなく病院にいくことをお勧めします。
症状がひどい場合には救急車を使うという手もあります。
苦しいと思ったときは無理をしないことが大事です。

 

 

【まとめ】
対処としてはこのようなものがありますが、あくまでも一時的な対処でしかありません。
貧血の解消をすることが、最大の対処になるかと思われます。
また、日ごろからの食事もとても大事なることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク