貧血 症状 めまい 汗

貧血の症状で「めまい、汗」が起こる原因/予防方法はあるの?

スポンサーリンク

貧血とは、女性に多いといわれています。
一種の病気のようなものですが、症状としてめまいや汗が出るという場合、特に注意する必要があるといいます。
そもそもこれはなぜ起こるのか、そして汗やめまいの症状が出るのはどうしてなのでしょうか。

 

 

【めまいが出る貧血】
めまいがして頭がくらくらいた場合には、貧血を疑っても良いでしょう。
そして、めまいで頭がくらくらする、そして大量の汗が出るという場合は脳貧血の可能性があるのです。
そしてこれは、鉄分や赤血球の不足からなるものとはまったく異なる症状なのです。

 

 

【脳貧血の症状】
血液の成分が欠乏することで起こるものではなくて、低血圧が原因となります。
長い間立っていると、血液が脳より下に行くわけですが、低血圧の症状だと、重力に逆らうことが難しくなって、十分な量の血液を送ることが出来ないとしているのです。

 

スポンサーリンク

【なぜ起こる脳貧血】
脳貧血は、立って仕事をしている人すべてがなるというわけではありません。
ひとつの要因としては、自律神経の働きがあります。
これはめまいや汗が出るという神経の働きに関係しており、心臓からの血液の流れの調整も行っているのです。
ですから、自律神経が乱れてしまうと、めまいや立ちくらみ、汗が大量に出るということが起こるわけです。

 

 

【脳貧血の予防】
では、この症状を予防するにはどうするかですが、自律神経を整えることが大事です。
なるべく精神的なストレスをためないようにすることも大事ですし、食事や睡眠時間などの改善も行うことが大事です。
人によっては自律神経が少し乱れただけでも汗やめまいのい症状が出るようなこともあるのです。
そして、適度に運動を行うこと、息抜きを行うこともとても大事になってきます。
それから、立ちっぱなしという状態を避けること、その状態からはゆっくりと動くことを意識したいところです。

 

 

【まとめ】
めまいや汗が大量に出ると思ったら、ただの貧血ではないと思うことが大事です。
汗をかかないようにするため、普段からの予防は当然大事になるでしょう。
そして、そのような症状を見たときには速やかに病院に行ってしかるべき治療を受けることを心がけましょう。

スポンサーリンク