めまい 嘔吐 脱水症状 対処

繰り返すめまい!嘔吐による脱水症状への対処法

スポンサーリンク

より重症度の高いめまいでは吐き気や嘔吐が併発する場合があります。
繰り返す嘔吐で本当に恐ろしいのは脱水症状です。
嘔吐を繰り返すと体内の水分が急激にうばわれるため脱水症状が起きやすく、対処が遅れると命の危険にさらされる場合もあります。
めまいによる脱水症状を悪化させないために必要な対処法についてまとめました。

 

 

【水分補給が対処の基本!脱水症状の危機から身を守るために】
めまいによる嘔吐にかぎらず、あらゆるシチュエーションでの脱水症状の対処法として重要なのが水分補給です。
吐瀉物のなかには大量の水分がふくまれており、嘔吐を繰り返すほど体は脱水症状に近づいていくことになります。
めまいと吐き気を脳内で結びつけないようにするトレーニングも重要で、精神医療のテクニックを応用すれば、場合によってはめまいが起きても吐き気にはつながらない体にもっていくことも可能です。
水分補給の方法も対処法としては大切な部分で、柑橘系のドリンクを大量に飲むとかえって吐き気が誘発され逆効果になる可能性もあるため注意が必要です。
一般的にはスポーツドリンクや経口補水液による水分補給が対処法としては有効とされており、めまいを頻繁に繰り返す体質の方は外出時にそれらの飲料を携帯しておくと良いでしょう。

 

スポンサーリンク

【脱水症状以外に嘔吐で気をつけるべき症状】
めまいによって誘発される嘔吐で心配になるのは脱水症状だけではありません。
一般にはあまり知られていませんが、吐くという行為をあまりにも頻繁に繰り返すと歯がとけてしまうことがあります。
胃液は強い酸性です。
食べ物を吐けば当然口腔内が胃液で満たされることになり、強度の酸性によって歯がとけてしまうのです。
これは食べ物を吐く習慣のある過食症や拒食症の人によく見られる現象であり、脱水症状とならんで医学的に対処すべき症例だと言われています。

 

 

めまいによって嘔吐が起こると脱水状態に陥る危険があります。
そのため、吐いた後に気分が落ち着いたら意識的にスポーツドリンクなどを飲むようにし、失われた水分を取り戻すことが正しい対処法だと言われています。

スポンサーリンク