低血圧 基準値 10代 20代

10代20代の内から知っておきたい低血圧の基準値

スポンサーリンク

低血圧の基準値とはどのようにとらえておくのがいいのでしょうか?その目安となる基準値を年代別に知っておくと、その症状に悩まされている場合には病院に行くかどうかの判断基準になっておくので便利であるといえます。

 

 

【基準値とは】
一般的に低血圧と呼ばれる症状の基準値は、最高値の血圧が100以下で最低値の血圧が60以下の場合を指しています。
20代の方の場合の正常の最低値の血圧値は75から76となっており、30代では男性の方は79で女性の方は71、40代になると男性の方は84で女性の方は77と言われています。
理想的にはこの数字からの低下がみられ始めたら出来る限り早く改善を行っていくことが望まれます。
10代の方であっても症状が現れることもしばしばです。
最低値の血圧が60(基準値)以下になってしまうと正常の状態に戻すのはとても大変になってしまいます。

 

スポンサーリンク

【10代、20代の方に見られる低血圧】
低血圧の症状は本態性低血圧、起立性低血圧、症候性低血圧の3種類に分類されていますが、原因がそれほど良く分かっていないものが多くなっています。
生活習慣の乱れがその原因である場合も多いので、10代の方であっても症状に悩まされることが多いものです。
一方で心的なストレスも原因になります。
20代になって社会的な地位が増してくることによって症状が深刻化する場合も考えられます。

 

 

【10代、20代の内から規則正しい健康的な生活を】
低血圧の症状が重篤化してしまうと基準値からの回復までにとても時間がかかってしまいます。
ですから重篤化させないということはとても大事な予防につながります。
血圧の病気は高齢になってからという勝手な思い込みは捨てて、10代、20代の内から規則正しい健康的な生活を送るようにしたいものです。
10代、20代での予防のための健全な生活は血圧に関係する様々な症状の予防につながっていくことになることが多いに期待できます。
こまめに普段から血圧を測って、自分の血圧と基準値との関係に注意しておくといいでしょう。

 

 

低血圧を代表とする血圧の病気は高齢になればなるほど深刻化して治りにくくなってしまいます。
出来れば10代、20代の内からの体に優しい生活を送るようにしたいものです。

スポンサーリンク