低血圧 倒れる 応急処置

低血圧で倒れる症状がでたときの応急処置について

スポンサーリンク

低血圧になってしまうと、頭がぼーっとしてしまい立っているのもつらいことがしばしばです。
あまりにもその症状が進んでしまうと倒れるようなことも起きてしまいます。
そんな場合の応急処置についてこのサイトでは紹介していきます。

 

 

【血圧をあげることを考える】
低血圧の症状によって倒れることが起きてしまった場合の応急処置としては血圧を上げる工夫をすることが必要になります。
血圧をあげる低血圧を改善ためには、体を温めて上げることが一番のポイントになります。
体が冷えてしまうと血圧が下がってしまいますので、体を積極的に暖めることをしてあげるといいでしょう。
毛布などを掛けて上げて保温に努めて上げるようにしましょう。
倒れる症状が出てしまってそのまま意識を失ってしまうといけませんので、相手に対して常に声をかけてあげるという応急処置も必要になってきます。

 

 

スポンサーリンク

【栄養を補給する】
低血圧によって倒れる症状が出てしまった場合の応急処置として、その方が食べ物を取れる状態であれば、温かい飲み物をあげることもお勧めです。
体の内と外両方から体を温めるようにするのが応急処置のポイントになります。
また、コーヒーやお茶などのカフェインの含まれている飲み物を徐々に与えるようにすると血圧の上昇が期待できます。
低血圧によって倒れることが起きてしまうと本人は少なからず動揺しますので、ショック症状にならないように、落ち着かせることも応急処置としては必須のものになってきます。
リラックスした体制で、話しかけることをしながら落ち着かせていくといいでしょう。
しかしながら、いくつかの応急処置を施しても低血圧の症状が回復しない場合には、病院への搬送も考えなくてはいけません。

 

 

低血圧によって倒れる症状を目の当たりにした時に周囲の人が焦ってしまうと、逆効果になってしまいます。
応急処置としては、常に冷静な対応で、本人が低血圧によって倒れるという深刻な状態から一刻も早く回復できるようにサポートしていくことが応急処置のポイントになってきます。

スポンサーリンク