子供の貧血の数値とは

子供の貧血の数値とは

スポンサーリンク

 

子供であったとしても貧血になることがあります。
子供の場合と貧血になってしまうと成長や発達障害また、知的能力の低下にも影響があるといわれています。
このような危険な貧血を早急に察知するためにどのようなことができるのかをご紹介します。

 

 

【数値を目安にしよう】

 

子供が貧血かどうかを調べるためには血液中のヘモグロビンの数値を見ることが役に立ちます。
ヘモグロビンの数値は大人の場合は8.5とか9といった数字で貧血の疑いがあるとなります。
しかしながら、その年齢によって適正とされる数値がだいぶ変わってきますので注意が必要です。
子供の場合には11とか12でもヘモグロビンの数値としては正常であることも多く、大人と同じように診断してしまい鉄分を摂取してしまうと鉄分が過剰になってしまうという危険もあり得ます。
ですから、このような子供の貧血を調べる際にはその年齢と、適正なヘモグロビンの数値を熟知している医師に診察をしてもらうことが必要です。

 

 

スポンサーリンク

 

【食事が大切】

 

また、普段の食事の中でも鉄分を充分に摂り入れることができるように子供の貧血を予防することが可能です。
お弁当などを作る際には単なる白米ではなくひじきご飯にすることによって鉄分を効果的に取り入れることができるでしょう。
さらに、毎回の食事にほうれん草のおひたしや小松菜を含んだサラダなどを取り入れることによっても安全に鉄分を補うことができます。
鉄分の不足を補うために薬が処方されることもありますが、便が硬くなってしまったり、歯の黄ばみが生じてしまうといった副作用も考えられます。
このような鉄分過剰になってしまうリスクを避けるため普段の食事の中で十分な鉄分を摂取することを心がけ、子供にとって安全な対策をしましょう。

 

 

【まとめ】

 

子供にとっても貧血はひどくなると、その成長に大きな悪影響を及ぼします。
日頃から子供の貧血予防のために、ヘモグロビンの数値に気を配り適切な対処方法を行っていきましょう。

 

スポンサーリンク