貧血の薬の副作用で太るのか

貧血の薬の副作用で太るのか

スポンサーリンク

 

貧血はとりわけ女性に多い症状といえます。
つまりは様々で毎月の生理や男性よりも食事量が一般的に少ないために鉄分が足りなくなってしまうということも考えられます。
では貧血を治すために用いられる薬の利用はどのような弊害があるのでしょうか?

 

【貧血の薬の副作用として太る】

 

まず弊害の一つとして考えられるのが太るという副作用です。
女性にとっては特に太るという副作用は大きなストレスとなるでしょう。
しかしながら、こうした考えは多くの人が持たれているとは言え、実際には鉄剤には基本的に太りような要素はありません。
ですから、副作用によって太る心配はしなくても良いでしょう。
もしかすると貧血によって体がむくんでしまい、見た感じが太ったように見えてしまう故にそのような考えが広がっているのかもしれません。
しかしながら、薬には飲みにくさや、人によっては吐き気を催したりする副作用も考えられますので、それを利用する際には十分な注意が必要です。

 

 

スポンサーリンク

 

【太る副作用を持つ薬より安全な対処方法】

 

貧血を予防するために安全な方法はやはり普段の食事で鉄分を十分に摂取することでしょう。
それであれば薬による副作用を心配することなく貧血を治したり予防したりすることができます。
効果的な食事としてまず挙げられるのはレバーです。
妊婦さんの場合は子供の成長に影響を与えてしまう可能性があるので、毎日のようにレバーを摂取する事は避けた方が良いかもしれませんが、基本的にはレバーは非常に効率よく鉄分をとりいれることのできる食品といえます。
さらには、オートミールなどを朝食に取り入ることによっても安全に鉄分を摂取できます。
さらに、ほうれん草や小松菜といって野菜も効果的です。

 

 

【まとめ】

 

このように太るなどの薬による副作用を恐れることなく貧血を治していくことは可能です。
薬による太るという副作用を心配して適切な処置が行えないことがないよう、普段の食事に気を配り、日頃から自分の鉄分を摂りいれることを意識していきましょう。

 

スポンサーリンク