フェリチンの数値が低いための貧血を予防する

フェリチンの数値が低いための貧血を予防する

スポンサーリンク

 

貧血を予防する上で、気にすべき数値はヘモグロビン数値であることが一般のイメージかもしれませんが、実は他にも気にすべき数字があります。
それがフェリチンという物質の数値です。
この数値を気にかけることによって適切な貧血予防ができます。

 

 

【貧血の原因となる】

 

フェリチンとは鉄分の貯蔵や血清鉄ののどの維持を行うタンパク質のことを指します。
ヘモグロビンの数だけを頼ってしまうと、体内では鉄が不足している状況にも関わらず、数値としては正常値を示すこともあります。
そのため、フェリチンの数値を正確に把握することによって、ヘモグロビンを生成するための物質がどれほど体内に存在するかということ博することができるのです。
当然のことながらフェリチンの数値が低いと、血清鉄が減少し、やがてはヘモグロビンの減少へとつながります。
そのため鉄分が不足し、貧血へとつながるのです。
フェリチンな数字が低いことは、隠れた貧血症状と言えるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

【予防をしっかりしよう】

 

こうしたフェリチンの不足を防ぐために適切な予防方法としては、やはりタンパク質をしっかりと取ることが必要です。
それに加えて鉄分を補うためのサプリメントを使用する方法もあります。
フェリチンの数値としては80くらいがちょうど良いと言われています。
レバーや小松菜やほうれん草といった鉄分を多く含む食品を、日頃の食事の中に自分に取り入れていくことが、予防としては効果的であることを意識しましょう。
また、適切な予防方法として、しっかりと睡眠をとることも不可欠です。
体を十分に休めることによって、各部の機能が正常に働くように促すことができます。
サプリメントを多用すると、逆に鉄分が過剰になってしまい、体に負担をかけることもありますので、石医師などに相談してからの方が良いでしょう。

 

 

【まとめ】

 

このように貧血の原因となるのはヘモグロビンの減少だけでなく、フェリチンの数値が減少してしまうことも挙げられます。
隠れた貧血に注意し、適切な予防を行っていきましょう。

 

スポンサーリンク