立ちくらみの原因と食べ物や食事の関係

立ちくらみの原因と食べ物や食事の関係

スポンサーリンク

 

ふと立ち上がった時に血の気が引いたように、フラっとしてしまう、という経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。
特にお風呂上がりなどに起こりやすい立ちくらみの症状は何が原因で起こっているのかについて紹介します。

 

 

【立ちくらみの原因は?】

 

立ちくらみが発生してしまう原因となっているのは、主に血圧の調節に問題が発生していることが理由です。
体内の血圧というのは頸動脈などによって監視されており、これを調節するようになっているのですが、急に身体を動かすなどすると急な血圧変化が発生することにより、調節に問題が発生することになります。
こういった原因を持っている立ちくらみのことを起立性低血圧と呼びます。
これについては、急な視線変更などを起こさないようにすることが重要です。
この原因の仕組みからして、立ちくらみは普段から血圧が低い人の方が起こしやすいという傾向もあるため、食事療法も1つの方法として考えられます。

 

スポンサーリンク

 

【食べ物や食事からの解決】

 

それでは、血圧をあげることによって立ちくらみの原因を排除しようと考える場合、どのような食べ物や食事を心がけるようにすれば良いのでしょうか。
基本的に血圧の調節にはナトリウムとカリウムの2つが関わっており、ナトリウムが血圧向上に効果を発揮します。
そのため、食べ物としては比較的塩分が濃い者などを選択するのが良いでしょう。
また、水分不足が発生している可能性もあるため、多めに水分摂取をするのも1つの方法です。
ただし、食べ物や食事によって血圧の調節を行おうとする場合、心不全などの合併症があると危険であるため、その場合は食べ物や食事の内容について医師との相談が必要となるでしょう。

 

 

このように、立ちくらみの原因に低血圧が関係している場合については、食べ物や食事からの解決を考えることも可能となっています。
基本的には姿勢の急変更に気をつけるようにしつつ、食べ物や食事などでどのような形で対応することができるのかを考えるのが良いでしょう。

 

スポンサーリンク