めまい・立ちくらみには何科の病院を受診すればいいのか

めまい・立ちくらみには何科の病院を受診すればいいのか

スポンサーリンク

 

めまいや立ちくらみなど、突然立っているのが難しくなるような症状に襲われることは珍しくありません。
これらの症状が頻繁に起こる場合、大きな問題に関係している可能性があります。
ここでは、めまいや立ちくらみの症状と、何科の病院を受診すべきかについて紹介します。

 

 

【めまい・立ちくらみの症状】

 

それでは、まずはめまい・立ちくらみの症状としてどのようなものがあるのかを紹介します。
一口にめまい・立ちくらみと言っても、その感じ方にはいくつかの種類が存在しています。
例えば、耳鳴りや難聴などと併発しているようなめまい・立ちくらみ、というものが存在しています。
こちらについては、身体のバランスが取りにくくなるく、というような形が発生することが多いでしょう。
また、手足のしびれを伴うものや、ものが二重に見えるような症状が伴うこともあります。
この他にも、お風呂上がりの立ちくらみなどに近い形でのめまいが発生しやすいということもあります。

 

スポンサーリンク

 

【原因別に見る何科の病院を受診すべきか】

 

それでは、それぞれのめまい・立ちくらみの症状から、何科の病院を受診するのが適切であるのかについて紹介します。
最初に、バランスが取りにくくなっているような症状の場合、何科の病院の受診が適切なのかについてです。
これについては、耳石に問題が発生している可能性があるため、耳鼻科が効果的です。
次に、手足のしびれなどが生じている場合に何科の病院の受診が適切なのかについてです。
こちらは脳の症状が考えられるため、脳外科などが適切です。
最後に、立ちくらみに近い形で発生している場合に何科の病院を受診するかついてです。
これは、心因性または循環器系である可能性が高いため、心療内科や循環器科などが効果的です。

 

 

このように、一口にめまいに近い症状といっても、症状によって原因に違いがあります。
適切な病院を選択することができるように、何科を受診するのかを考えると良いでしょう。

 

スポンサーリンク