貧血 輸血 ヘモグロビン 治療

ヘモグロビン量の不足による貧血/輸血による治療方法を紹介

スポンサーリンク

貧血とは血液の成分、主にヘモグロビン濃度が低くなった症状です。
ヘモグロビンは、赤血球の中に含まれています。
酸素を体内の組織に運び、二酸化炭素を受け取って肺まで運んできて放出し、再び酸素と結びついて各組織に運ぶという重要な働きを担っています。

 

赤血球の中のヘモグロビンが鉄不足で合成されない場合に、鉄欠乏性貧血が起こります。
酸素は、体のあらゆる場所で栄養を燃やす働きがあります。
酸素は新陳代謝に大きく関与しており、それによって熱が作られているので、酸欠状態であると熱を作ることができないことから、体が冷えてしまいます。
酸素を運ぶヘモグロビンが不足してしまうことで、エネルギーの燃焼効率が悪くなり、冷え症になってしまいます。

 

ヘモグロビン濃度は、病院で検査をすることで分かります。
ヘモグロビン量が基準値を下回ったら、詳しい検査を受ける必要があります。
精密検査で貧血の原因を調べ、異常があれば専門医の治療を受けます。
また、体のどこかに出血があればその治療をすることが必要です。

スポンサーリンク

貧血は、血液の量が不足する関係から、病院の判断によっては治療の際に輸血をして進めていくことがあります。
輸血において、血液型の適合性など細心の注意が払われます。
輸血という治療については、交通事故などで血液を補給するときに行われることがありますが、貧血という病気においても使用されるケースがあります。

 

しかし、過去に輸血したことによってアレルギー反応が起きたときには、同じ治療をすることで、再度体に副作用が発症する可能性が高いです。
白血病など一部の病気では、必ず輸血をしなければ治りません。
しかし、一部の病気を除いた貧血治療においては、輸血以外の方法が行われることが多いです。

 

他の治療法としては、薬の服用によるものや、食事療法などによるものが中心となります。
時間がかかる傾向はありますが、比較的安全に進めることができることがポイントです。

 

また、薬の服用も食事療法も自宅で行えるので、比較的リラックスした状態で進めていくことができます。
このように以前輸血をしてアレルギー反応が出たときには、薬の服用や食事療法といった内容に変更されることが多いです。

スポンサーリンク