貧血 鉄剤 改善 期間

貧血症状を「鉄剤」で改善するための期間/どのくらい服用するもの?

スポンサーリンク

貧血症状の原因の中でもほとんどの割合を占めるのは、体内の鉄が不足して起こる鉄欠乏性貧血です。
主な原因としては、不規則な食生活による鉄不足、消化器の疾患などで鉄の吸収が上手く出来ないこと、そして慢性的な出血などです。
そのため生理や妊娠、出産の機会がある女性に圧倒的に多いことが特徴です。

 

このように女性に多いことも事実ですが改善しやすい症状でもあります。
なぜなら体に必要な鉄分が摂れていないという栄養不足でもあるからです。
しかしながら鉄は吸収しづらいという特徴もあるため、慢性的な出血のある女性が、不足しがちになることもしばしばあります。
そうならないためにも、まず規則正しい生活を心がけ食生活の改善に取り組む必要があります。

 

日頃から鉄分を多く含んだ食材を摂取することで、長期間かけて体内の鉄分量を貯蓄することを心がけます。
ダイエットや偏食をしているという方も栄養バランスを改善した方が良いでしょう。
食事だけで十分な鉄分を摂ることが難しいという時は、サプリメントや鉄剤を上手く利用して補うこともできます。
食生活で貧血を改善する時に大事なことは、鉄分だけを多く摂るのではなく鉄の吸収をよくするビタミンやたんぱく質とともにバランスよく食事をすることです。

スポンサーリンク

鉄欠乏性貧血は、慢性的な出血や不規則な食生活などが原因で引き起こされますが、原因によっては治療法も変わってくるため、一人で悩まずに医療機関で調べてもらいましょう。
貧血症状のある方で、閉経後の女性や成人男性であれば必ず何らかの原因があるため、鉄剤などを使うこともなく特定の原因を治療することで改善することができます。
しかし気を付けていてもストレスや疲労のため、貯蓄してあった鉄分を失い症状が酷くなってしまうということもあるでしょう。

 

その場合は医療機関での治療が必要となり、その際に用いられるのが鉄剤です。
食生活やサプリメントだけでは、一度枯渇してしまった鉄を短期間で戻すことは難しいのです。
そのため鉄剤を服用することによって失った鉄分を補っていきます。
そうすると2週間ほどで改善がみられます。
正常に戻るまでには、1〜2カ月鉄剤を服用する期間が必要となります。

 

しかし体内に貯蔵しておくための鉄量を回復させるためには、さらに1〜2カ月の鉄剤を服用する期間が必要になります。
このように長期間回復に努めることになります。
貧血症状に心当たりのある方は、今からでも規則正しい食生活を送るようにしましょう。
長い期間をかけて予防、改善に努めていくことが健やかな日常生活への近道になります。

スポンサーリンク