貧血 注射 フェジン

貧血に対するフェジン注射薬の投与について

スポンサーリンク

貧血は一般的に男性よりも女性がなりやすいといわれています。
成人女性の約17パーセントに貧血の疑いがあるとされています。
貧血とは、赤血球の数、あるいは赤血球内のヘモグロビンが基準値よりも減少している状態を指します。
赤血球は、全身に酸素を運ぶ働きを担っています。
そのため、赤血球が不足すると体内が酸欠状態となってしまいます。

 

酸欠状態となると、頭痛やめまい、動機、息切れといった症状や体のだるさ、疲れやすさも出現します。
女性がなりやすい理由として、毎月の月経、妊娠、出産といった生理的現象や若い世代に多く見られる無理なダイエットがあげられます。
貧血は症状や原因によりいくつかの種類に分けることができます。
続発性は心臓病、臓器の病気、リウマチなどの様々な病気が原因でおこるものです。

 

原因となっている疾患を治療することで改善します。
失血性は名の通り、血を失うことによって起こります。
大量出血による急性失血性と胃潰瘍、月経過多などにより長時間にわたり少しずつ出血する慢性失血性に分けられます。
正常な血液を作るために必要なビタミンB12や葉酸の欠乏により引き起こされる場合もあります。
この場合、症状として足のしびれや知覚麻痺、食欲不振、下痢なども生じます。

スポンサーリンク

様々な貧血の種類を紹介しましたが、最も多いのが鉄欠乏性のものです。
赤血球のもととなる鉄の不足により引き起こされます。
偏食、無理なダイエット、胃腸疾患による失血などが原因とされています。
全身のだるさ、頭痛やめまいなどの症状があらわれます。

 

その他にも骨髄での造血機能が低下し、赤血球、白血球、血小板と血液の成分すべてが減少してしまうものがあります。
貧血にもこのように様々な種類があり、治療には食事を見直す食事療法や薬を用いた薬物療法がおこなわれます。
治療薬も多くの種類がありますが、フェジンは注射薬であり、通常は鉄欠乏性貧血の治療に用いられます。
フェジンを注射することで、体内に不足している鉄分を補い状態を改善するのです。

 

注射の際は2分以上かけてゆっくりと静脈内に注射を行います。
ゆっくりと注射することで、フェジンの副作用を出現率を下げることができるためです。
飲み薬と注射薬であるフェジンを切り替えながら用いる場合もあれば、飲み薬のみで治療を行う場合もあります。
血液検査の数値や、飲み薬での治療が不適当であると判断されれば、飲み薬から注射薬のフェジンに切り替える場合もあります。
肝障害がある方についてフェジンを投与する場合は慎重な判断が必要となります。
飲み薬だけでは十分な効果が得られない方に対し、フェジンの注射は有用な治療法の一つです。

スポンサーリンク