貧血 症状 目 見えない

貧血で一時的に目が見えない症状になる!?/原因と対処法について

スポンサーリンク

貧血になってしまう様々な症状が発症してしまうことがあります。
有名な貧血の症状としては、めまいに立ちくらみ、頭痛、だるさといった症状があります。

 

ですが、症状が軽度の貧血は、そのような症状も出ますが、酷くなってしまうと顔色が蒼白になってしまい、幻覚や吐き気、目が見えないといった症状が発症してしまうこともあります。
このような重い症状に関しては、大抵は立っていることもできずにしゃがみこんでしまうか倒れてしまうことがほとんどになっています。

 

目が見えない状態になってしまっているときは、目の前が真っ白になったり、真っ暗になってしまい、目を開いているという自覚はあるのに見えない状態になってしまいます。
このような目が見えないなどの現象の原因となってくるのは、脳への血流量が減少してしまうことによって一時的な酸欠状態になるので目が見えない現象が起きてしまうことになります。

 

ですので、女性の場合は生理中や妊娠中、健康診断などを行った際に血液検査をしてもらって血液が急激に減少してしまっている際に目が貧血になり、目が見えない状態になってしまうことがあります。

スポンサーリンク

貧血の対処法となってくるのは、原因そのものを取り除いてしまったり、予防をすることによって改善していくことになります。
例えば、健康診断の採血を行う際には、座った状態でするのではなく寝転がった状態で実施しましょう。
また、採血が終わったらしばらくの間はそのまま横になって安静にしていることも大切になってきます。

 

生理中や妊娠中のときも同様に安静にして、できるだけ急激に体を動かさないようにするようにしましょう。
また、このようなことだけではなく日頃からの予防も貧血の対処法となってきます。

 

食事は鉄分を多く含んでいるようなレバーや小松菜、カツオ、ホウレンソウなどが効果的になってきますし、その他にもたんぱく質やビタミンBにビタミンCも重要な栄養素になっています。
食材だけでは十分な摂取が難しい場合には、サポートとしてサプリメントなどを利用するのも最適です。
また、医療機関で内服薬や注射などの治療も行ってもらうことができます。

スポンサーリンク