貧血 症状 あくび 眠気

貧血の症状「めまい、眠気、生あくび」原因/注意点と対処法について

スポンサーリンク

女性に多いと言われている貧血ですが、なんと二人に一人の女性が貧血と言われています。
自分では貧血だとあまり自覚していない場合も多いのですが、症状が現れ始めるととても辛い病気の一つです。
症状としては疲れやすい、眠気、頭痛、耳鳴り、めまいや立ちくらみなどの症状があらわれます。

 

あとは睡眠はたくさんとっているはずなのに眠気や生あくびがたくさんでることがあると思います。
脳への酸素不足になった時にあくびをしてたくさん酸素を脳内に送り込もうと体が指令を出しているのです。
生あくびは貧血の時だけの起こるものではないのですが、疲れている時や緊張している時、頭痛の前触れの時もあります。

 

貧血も病名だけ聞くと重大な病気には感じられませんが、実はそのかげにはとても重大な病気が隠れている事も考えられますので、健康診断や献血などで、自分が貧血だとわかった際には、面倒に思わずに病院でちゃんと検査をしてもらう事もとても大切な事なのです。

スポンサーリンク

貧血の症状には色んな症状がありますが、仕事をしている時にあくびや眠気に襲われたり、頭が思うように働かなくなる事は人が思うよりも辛いことです。
治療方法は症状によりいくつかありますが、基本的な治療方法は内服薬を一か月から三か月ほど飲み続ける事です。

 

内服薬の副作用としては吐き気や眠気が起きてしまう事もあるため、それが辛いと言うことであれば、週一回など病院へ通うことにはなりますが、注射で鉄剤を補給する方法などもあります。
自分にあった治療法で病気と向き合うことをお勧めします。
一番こわいのは最初の方にもお話しましたが、自分が貧血だと気がついていない人です。

 

急に最近眠気を日常的に感じるようなった人や異常にあくびがでる人は要注意です。
眠気やあくびも自分で感じるほど限度を超えるようであればそれは普通ではないのです。
治療をしてもすぐに効果の現れる人、とても時間のかかる人もいるようですが、自分の体の事なのでじっくりとなおしていきましょう。

スポンサーリンク