貧血 治療 入院 期間

貧血治療で入院した時の期間はどれくらい?/症状に応じて変わります

スポンサーリンク

貧血といえば女性が発症しやすい病気の一つとなっていて、特に若者はこの病気に悩まされている人が多くいる傾向となっていて、専門家達が健康管理は大事にしていくようにと警鐘を鳴らしてきています。
そもそも貧血とは血液の中にある赤血球が基準値より低い場合に起こる病気であり、赤血球が不足する事により全身の細胞に酸素を送る事が少なくなってしまうため、体内の細胞が酸欠状態に陥る事になってしまい様々な症状を引き起こす事になります。

 

貧血を起こす原因は様々あり、偏った食生活をしている場合や睡眠不足気味になっていたり、怪我等によって大量の血液が出てしまいそれが原因で発症したりする場合もあります。
女性には生理があるため、生理中は貧血を起こしやすくなったりするため注意する必要があります。
また、他の病気が原因で貧血を起こす事もあったりするため発症する理由は様々ある事が分かります。

 

主な症状に関しては頭痛・肩こり・低血圧・倦怠感・目眩・ふらつき・動悸・息切れ・胃痛・吐き気・酸味がしみる・口の端が切れる・食べ物を飲み込みづらい・爪がスプーン状に変形・爪が割れやすくなる等があります。
長期間症状が続いているようであれば、すぐに病院に行って診察や治療を受ける事をおすすめします。

スポンサーリンク

病院に行った際は何科を受診したら良いのかというと、内科・婦人科・消化器科・肛門科となっていて、これは貧血の症状に応じて受診する場所を変えたりする事ができるからであります。
出ている症状に応じて検査方法や治療方法が変わっていくためでもあり、他の病気が原因で発症している事が発覚したらすぐに対応できるようにするためでもあります。
ちなみにこの貧血には種類があり、鉄欠乏性・再生不良・溶血性・悪性・ビタミン12と葉酸不足によるもの・赤芽球癆等があります。

 

治療方法に関しては症状や容体に応じて少し異なってきますが、基本となっているのが食事療法・薬物療法となっていて場合によっては病院で点滴を打つ場合もあります。
症状が重い場合は病院で入院治療を受ける事もあり、入院する期間については1週間前後となっていて比較的に短い期間でありますが、回復するスピードが遅い場合は入院期間を延長して2週間になる事もあります。

 

そのため、入院して治療を受ける際は個人差が出る事もあったりするため、入院期間は短めだったり少し長めだったりする事もあります。
別の病気が原因である場合については両方の治療をしないといけなくなるため更に入院期間が伸びる場合もあったりします。

スポンサーリンク