貧血 応急処置 電車

電車に乗っているときに貧血!応急処置は?

スポンサーリンク

電車を利用していると、「急病人のお客様の救護」に関する案内放送を耳にすることがあります。
該当者には応急処置が行われているのです。
貧血は血液中のヘモグロビン濃度が低下する事によって起こります。
貧血の発生率は男性より女性に多いのが現状です。

 

その理由は男性ホルモン量と生理や妊娠に原因があります。
電車利用時に貧血になって重症の場合には駅係員の人を通じて早めに救急車を呼ぶのが良いはずです。
応急処置も大切なのですが予防対策も重要です。
貧血を予防するには鉄分を十分摂取することです。
鉄分は動物性でも植物性でもどちらの食品からでも摂取できます。
ですが、動物性食品のほうが鉄分含有量が多く、吸収率も高いという特性があります。

 

実は鉄分は摂取する事が難しい栄養素なのです。
サプリメントを上手に併用すると良いでしょう。
駅周辺のドラッグストアなどでもサプリメントは販売をしています。
電車利用時には比較的空いている車両についても確認をしておくと、快適に通勤や通学ができます。

スポンサーリンク

貧血の応急処置は次の事柄を確実に覚えておいてください。
「安静とゆるめる、温める」です。
駅構内で電車の利用客に貧血の人がいたら、安静にしてベルトやボタンをゆるめて血流を良くしてあげてください。
電車の利用客が女性の場合は女性駅係員にお願いして同様の事をしてくださるように依頼してください。

 

あなたの勇気ある応急処置に感謝状が贈られることでしょう。。
貧血は日常生活の工夫で予防できるのです。
駅によってはAEDが設置されている駅があります。
AEDも応急処置のための道具です。
覚えておいてください。
心肺蘇生に役立つ応急処置の道具なのです。

 

立ちくらみなど突発の病気で悩む人が減れば、多くの人が救われます。
そして、日本社会は輝きます。
外食の際には鉄分の多いメニュを選ぶようにしてください。
電車利用時に駅周辺で外食をする人は多いはずです。
駅周辺にある寿司屋で、あさりのみそ汁を飲む人は鉄分を豊富に含む食材を口にしています。
貧血に打ち勝ちましょう。

スポンサーリンク