アルコール お酒 貧血 関係 影響

アルコールは貧血に関係してる!?/お酒がもたらす影響は?

スポンサーリンク

貧血という言葉だけを耳にすると、よくドラマであるようなふらふらしたり、目の前が回っているような感覚になって立っていられないというような症状をイメージしがちですが、実は貧血というのはそれだけではありません。
特にアルコールが関係しているような貧血の場合は少し症状が違います。

 

まず、そもそも貧血というのは酸素を供給してくれる血液中の赤血球やヘモグロビン色素が減少することによって、全身が酸素不足に陥ってしまう状態のことをさします。
貧血の自覚症状としては、動機や息切れ、倦怠感などが起こります。
多くの場合、生活習慣などが関係してきます。

 

また、アルコールが関係している場合は、症状が少し違います、耳が聞こえにくくなったり、目の前にもやがかかった状態になりアルコールのせいで酔っているから、という錯覚に陥りますが、それは酔っているのではなく、アルコールが関係している脳貧血の症状だというように受け止めることが自然です。

スポンサーリンク

あまり聞き慣れない言葉ですが、状態としては血液循環が不全という意味です。
アルコールを摂取すると血管が拡張し、血圧が低下します。
そのため、脳への血流が滞ってしまい酸素が不十分になるということです。

 

基本的に酸素が関係してくるので息切れやめまいが発生しやすいと考えられます。
また、注意した方が良いのはいくらアルコールを少しずつ摂取している場合でもこうした症状が現れることがあります。
アルコールが関係している症状なので、より現れやすいのはお酒に弱い方が多く、そうでもない方だとしても発生しないという確証にはつながりません。

 

ただ、予防をすることは可能です。
それは、当日の朝の体調に合わせて飲み会などに参加するかどうかを決めておくことです。
疲労していたり、寝不足が続いている状態と発生する確率がかなりあがります。
生活習慣が全ての体調管理の基本とも言えるので、当日万全の体調じゃなければ勇気を出して欠席をするというのも自分の体を守るためには必要なことです。

スポンサーリンク