脳貧血 倒れる 瞬間 意識 失う 原因 予防

倒れる、瞬間的に意識を失うのは「脳貧血」/原因と予防法について

スポンサーリンク

学生の頃、朝礼が長く続いたために、めまいや立ちくらみがおきてそのまま一瞬意識を失って倒れてしまった、もしくはそんな人を見たことはありませんか。
貧血で倒れたと言うことも多いのですが医学的には違うものなのです。

 

 

【瞬間的に意識を失う、倒れるのは?】
急に立ち上がったり、長い時間立ったままの状態を続けることでめまい、立ちくらみが起き、時には瞬間的に意識を失う、倒れる等の症状が発生することがあります。
貧血で倒れたと言ってしまうことも多いのですがこれは貧血とは違う脳貧血です。

 

 

貧血はヘモグロビンという血液の成分が減少して発生します。
赤血球の中に含まれるヘモグロビンは全身に酸素を運ぶ重要な役割がありますが、ヘモグロビンが血液中から減少してしまうと体内の組織、細胞が酸素不足を起こしてしまいます。
そうなってしまうと頭痛、倦怠感、その他様々な症状が発症してしまうのです。

 

 

瞬間的に意識を失う、倒れるといった症状の脳貧血とは原因が違うので医学的に区別されています。

 

 

【瞬間的に意識を失う、倒れる原因】
脳貧血は起立性低血圧とも呼びます。
急に立ち上がったり、長い時間立ったままでいると血圧が低下し脳への血流が不足するため、瞬間的に意識を失う、倒れる等といった症状を起こします。

 

起立性低血圧は一過性のものです。

 

スポンサーリンク

【瞬間的に意識を失う、倒れる前に】
失神して倒れて頭を打ったりしないように、軽い症状、めまいや目の前がちかちかした段階で対処しましょう。
脳への血流を増加させることが必要です。

 

横になって身体を休めて下さい。
それができない場合でも倒れないようにかがんだりして、頭をできるだけ低くして脳への血流を増やしましょう。

 

 

【予防しましょう】
予防することで瞬間的に意識を失う、倒れる危険性が減ります。

 

急な動作、長時間経ちっぱなしは避ける
血圧を低下させないために、頭を急に動かすような動作や長時間立ったままでいるのを避けてください。

 

水分補給
水分補給も有効です。
こまめに補給しましょう。

 

適度な運動
適度な運動も必要です。
下半身を鍛えることによって血液の循環もよくなります。

 

規則正しい生活
自律神経の異常で血流が悪くなり、脳貧血を起こすことがあります。
それを避けるためにも不足のない睡眠や食事等、規則正しい生活を心がけましょう。
簡単にはできないかもしれませんがストレスも溜めないことも重要です。

 

【まとめ】
脳貧血は一過性のものですが、意識を失って倒れることで怪我をしたり、周囲を心配させてしまいます。
そうならないようにも普段から適度な運動や規則正しい生活を続けると予防に繋がります。

スポンサーリンク